アートワークとは曲に登録する画像のことです。通常ジャケット写真を登録します。


アートワークとは、曲に登録する画像のことです。

上にも書かれている通り、通常はアルバムのジャケット写真や、アーティストの写真を登録します。

中には、彼女との思い出の曲だからと、彼女の写真を登録していた人もいますが、天文学的確率の少数派に分類されるでしょう。

iTunesに登録したアートワークはiPodでも表示されます。

iPodにジャケ写が表示されたときの感動は今も忘れません。現在は見慣れてしまってありがたみが無いですが。

 

 

実は最新のiTunesでは自動的にアートワークを登録してくれる機能があります。

が、クレジットカードを持っていないといけないことや、全てのアートワークが手に入らない可能性があるため、手動更新は重要です。

ここでは例としてSonata ArcticaのEclipticaでアートワークを入れてみます。

まず、iTunesに登録するための画像をネットで探しましょう。検索方法はまずアルバム名からが定石です。



gooの画像検索はすごく便利。



ほんとにそれ画像名あってるんだろうな?と疑うような検索結果が出ることもあるが、大抵のアルバムのジャケ写があるはず。


検索結果が出たら、画像を開き、「右クリック→コピー」を選択します。

もちろんCtrl+Cでも構いません。



Ctrl+Cは頻繁に使う便利なショートカット。

登録したい曲を再生します。再生しなければいけないところがAppleっぽい。

次にiTunes左下の「アルバムのアートワークを〜」内で「右クリック→貼り付け」(もしくはCtrl+V)



ここ。



貼り付け完了。


あとはiPodに転送すればiPodでもアートワークが表示されます。

 

 

 

削除は左下からできません。

削除したい曲を選び、「右クリック→プロパティ→アートワーク」を開きます。

ありますね。削除ボタン。これで失敗したアートワークを削除して下さい。

ちなみに、アートワークは複数登録できます。最初に表示されるのは一枚目のアートワークになりますので覚えておきましょう。



ちなみに管理人は若かりし頃アートワークの削除ができず、Appleに問い合わせたことがある。期限が切れていたため門前払いを食らった。

 

 


なんと怠慢でずうずうしい。気持ちはわかります。たしかにめんどくさい。

一気に登録する方法があります。これは以後iTunesで使える手法なので是非覚えておきましょう。

というか、パソコンを使う上で基本となる知識です。

まず、アートワークを登録したい曲を全て選択します。



選択方法は、「ブラウズでアルバムを選択→編集→全て選択」でもいいですし、Ctrl+クリックで一つずつ選択していっても構いません。

選択が終わったらさっきと同じように「画像のコピー→貼り付け」です。

すると、選択した全ての曲のアートワークが一気に登録されます。

重要なテクニックですね。