iPodを車で使いましょう。家にある全ての音楽をそのまま車に持ち込めます。


僕がiPodを買ったのが高校2年のときで、高校3年のときに免許を取って車を買いました。ホンダのFitです。

大好きなiPodを何とか車で聴きたいと思って、高校生ながら様々な工夫をしてみました。

みなさんには同じ苦労をせずに、さくっと聴けるようになってもらいたいものです。

方法はいくつかありますが、ここでは代表的な方法だけ紹介させてもらいます。

 

 

ここで紹介する方法は2通りです。ケーブルを使うケースと、トランスミッターを使う方法です。

ケーブルを使うケースでは車のオーディオに「AUX」がついていなければいけません。

このAUXは、ちょうどヘッドホンのジャックが入る穴と同じものになります。

これがあれば、電気店で両方ピンがついているケーブルを買ってくればそれを車に接続してAUXに切り替えるだけです。

ステレオピン、ステレオミニプラグ等と呼ばれています。

安上がりですし、音質もいいので、車にAUXがあるかどうかが勝負どころですね。

どれを買ったらいいかわからない人は下記リンクの商品をお試し下さい。


接続方法はそのままiPodとAUX端子を接続するだけなので簡単です。

 

 

どこを探してもAUX端子が見つからない方も諦めてはいけません。

まず下記リンクを参照下さい。


これは、FMラジオ(つまりは周波数)にiPodの音を乗せて使うものです。

すでに存在しているFMラジオの周波数は地域によって異なるので説明を割愛させて頂きますが、使われていない帯域はたくさんあります。

好きな周波数にiPodの音をとばしましょう。

また、トランスミッターは壊れやすいです。上のリンクで紹介しているトランスミッターは全部使ってみました。

やっぱりBelkin製が音もよく、壊れませんでした。今も使っています。やはり値段で比例するようです。

 

 

はっきりいって大ピンチです。まずいい音で聴こうとは考えないで下さい。

FMラジオが無い車はたいていカセット再生が可能というトヨタホンダの法則にしたがって、下記アイテムを利用するようお勧めします。

ただ、音は良くないですから・・・