WMPやReal Playerで管理していた曲をiTunesに移動させる方法を勉強しましょう。


同じPCに入っている曲だとしても、Windows Media Playerにも、Real Playerにも、曲を保存する専用のフォルダがあります。

したがって、自分がiTunesを使っているからといってiTunes Musicに自動的にWMPのライブラリを反映することはできません。

きちんと曲を整理するためにも、iTunesのライブラリに、iTunesの曲以外のデータを転送する方法を紹介します。

 

 

ここでは例としてReal PlayerからiTunesへ曲データを移動させる方法を紹介します。

まずReal Playerの曲が保存されているフォルダを見つけましょう。

これは自分で指定しているフォルダに保存することもできますので、全て「ここ」にあるという表現はできません。



Real Playerの場合、「ツール→環境設定→一般」に保存されているフォルダを指定する場所がある。


まずここを開かないと、移動するファイルそのものを指定することができません。

「マイ ライブラリ ファイル」は「C:\Documents and Settings\mallony\My Documents\My Music\」と書かれています。

これは「CドライブのDocuments and Settingsの、ユーザーアカウントmallonyの、My Documentsの、My Musicというフォルダにある」という意味です。

そのまま開いていってもいいですが、面倒くさいので通常は「スタート→ファイル名を指定して実行」に貼り付けて開きます。

 


こっちのほうが全然早い。

 


Real Playerはデフォルトでマイミュージックに直接保存されるみたいですね。これはだめだw

 

開けたら、そのアルバムを開いて、直接iTunesのライブラリに移してみましょう。

例として、ビートルズの「AAA」という曲をiTunesに入れるとします。



これはフィクションです。



はい、入りました。


無事ライブラリには入りました。再生してみると、確かに再生も可能です。

ではなぜこのままではいけないのでしょうか?厳密に言うとこれでも全く問題ありませんが、今後iTunesを使っていくうちに問題が発生します。

下を見てください。上の画像はiTunesでインポートした曲のプロパティ。下はRealでインポートしたものです。



管理人はDドライブに保存しているのでこれが正常。



これは、Realでインポートした場所から直接読み取っている様子。


おわかりになりますでしょうか?

iTunesは、Real Playerがインポートした曲を、場所を記憶して読み取っているだけです。

iTunesが通常読み取っているフォルダにその曲が存在しているわけではありません。

つまり、バックアップを取ったと思ったら実は取れていなかったとか、いつのまにかデータが消えてるとかという問題が起きやすくなるということです。

iTunesでインポートしたフォルダにまとめておけば、こうした問題はおきにくくなりますので、データを移動したら必ずフォルダにも移動させましょう。

 

 

 

ごもっともです。そこで、以下の設定を推奨します。

まず、いつも通り「編集→設定→詳細→インポート」を開きます。

すると、「ライブラリへの追加時にファイルを〜フォルダにコピーする」というチェックがあります。

ここにチェックを入れると、iTunesのライブラリへ追加したときに、自動的にコピーされます。

ここのチェックは必ず入れておきましょう。


すごく重要なチェックです。