iPodの更新方法には、自動更新と手動更新の2つがあります。選択はiPodの種類や使い方によって変わります。


iPodの更新は自動更新、手動更新の2つがあります。

それぞれの文字通りですが、自動更新とはiPodを接続したときに自動的にiTunesと同期を取る方法。

もう一つは、自動的に更新をさせずに、自分の好きな曲だけをiPodに転送する方法です。

自動更新と手動更新の切り替えは、iPodの設定画面から行います。



「音楽とビデオを手動で管理する」というチェックがそう。


「音楽とビデオを手動で管理する」という項目にチェックを入れれば手動更新となります。

というわけで、入れていない状態では自動更新となります。

自動更新に関しては、管理が簡単で、更新する手間が少ないというメリットがあります。

つまり、自動更新は常にiTunesとiPodを同じ状態に維持するというのが自動更新の考え方です。

逆に手動更新は、iTunesの曲を自動的に更新することはありません。

ライブラリや、プレイリスト等に保存された曲をドラッグドロップすることで更新をかけます。

更新方法は、iPodの上に転送したい曲を持ってくるだけで大丈夫です。

 

 

使っている人はほとんど自動更新だと思いますが、それぞれにしっかりとデメリットがあります。

手動更新のデメリットは、手間がかかる点です。

わざわざライブラリからiPodに曲を移動させなくてはいけないので、当たり前と言えば当たり前です。

手動更新のデメリットはそうでもありませんが、一方の自動更新のデメリットは結構深刻です。

iTunesと常に同じ状態を維持すると言うことは、裏を返せばiTunesに異常が起きればそれがiPodにも伝わるということです。

パソコンの故障でiTunesのライブラリが無くなったらどうでしょうか。

iPodを接続すると、iPodの設定は自動更新になっています。

iTunesのライブラリは無いので、iPodは「iTunesの曲を消したかな」と判断してiPodの曲も消します

故障をしていなくても、新しいiTunesを利用する等の時にもそれが影響します。

新しいパソコンを買うと、iTunesを新しくインストールしなくてはいけません。

新しいiTunesをインストールすると、ライブラリはもちろん空ですね。

このとき、iPodは「別のiTunesに接続しました。現在の曲を削除してライブラリを更新してもよろしいですか?」的なまぎらわしい表示をします。

直訳します。

普段と違うiTunesに接続しました。iPodの曲を全て削除して、現在の何も入っていないiTunesのようにすっからかんにしていい?」となります。

と言う風に、自動更新の場合は環境が変わったときに用心しなくてはいけないというデメリットがあります。

どちらがいいかと言われても利用環境などによって変化しますので断言できませんが、自分にあった更新方法を探してみてください。