インポートの設定が終わりました。iTunesに曲をインポートしてみましょう。

 


インポートの設定も無事に終わったので、iTunesに曲をインポートしていきます。

と言っても非常に簡単な作業です。

CDをドライブに入れてみましょう。

iTunes左側のソース欄にアルバム名が表示されるはずです。

ネットワークに接続されていない場合にはCD情報が取得されません。

 


最初はこういった画面が出てくるが、うざい場合「次回から確認しない」にチェックを入れれば出てこなくなる。

 


CD情報はネットワークに接続していないと取得できない。

 


ネットワークに接続していない時にCDを挿入するとこうなる。

 

 

CD情報が取得されたら、iTunes右下にある「インポート」をクリックします。

自動的にiTunesに曲がインポートされますので、しばらく待ちましょう。

ポピンとなってインポートが完了したら、ライブラリの「ミュージック」を開きます。

曲が入っているはずです。

基本的には全く同じ作業を繰り返してライブラリに曲を蓄積していくことになります。


ライブラリに曲が溜まっていくのはちょっとした快感。