iTunesのインストールが終わったら、次は細かい設定を行っていきます。

 


デスクトップ上にiTunesというアイコンが増えていれば、インストールは完了です。

早速デスクトップ上のiTunesアイコンをダブルクリックしてiTunesを起動してみましょう。

iTunesが起動したら、iPod利用に直接関わってくる大事な設定をしていきます。

様々な設定がありますが、最も重要な設定は「インポート」設定です。

インポート設定では「音質の良さ」「容量の大きさ」を規定することになります。


この画面はこれから何度も見ることになる。

 

 

 

インポートとは、CDからiTunesに曲を転送する作業のことを言います。

iPodはiTunesにインポートされた曲をコピーして利用する為、iTunesでインポートしなければiPodにも転送されません。

今のところCDから直接iPodに曲を転送することはできませんので、この作業は避けられない部分になります。

設定画面を開いてみましょう。

インポートに限らず、iTunesの設定は全て【編集】→【設定】から行います

これから何度も利用することになる画面ですので、今のうちに見慣れておきましょう。

設定画面が出てきたら、【詳細】→【インポート】を開きます。

重要なのは「インポート方法」という項目です。

ここで指定された形式にしたがってiTunesはCDから曲を取り込むことになります。

このページは初心者用につくっていますので、ある程度僕が推奨設定を選びました。

下記から自分の好みで選んで設定を決めて下さい。もちろん自分で好きな設定を決定してもかまいません。

一般的にビットレートは数字が大きければ大きいほど音質が良く、容量が大きくなります。

 

 

@音質はあまり気にしないからiPodにたくさん曲を入れたい。

  主にiPod shuffle・iPod nano向け設定

  →インポート形式:AACエンコーダ 設定:高品質128kbps

 

A容量に余裕があるので、ある程度高音質でインポートしたい。

  主にiPod classic・iPod touch向け設定

  →インポート形式:AACエンコーダ 設定:高品質256kbps

 

B容量を無視してもいいから、高音質の設定を重視したい。

  主にiPod classic向け設定

  →インポート形式:AACエンコーダ 設定:カスタム ステレオビットレート320kbps

 

これでインポート設定は終わりです。

あと少しでiPodが使えるようになりますので頑張りましょう。