iPodとiTunesでは、曲をより楽しむためにジャンルに合わせた音質に変えることができます。


どのオーディオプレーヤーにもあるように、iPodにも、iTunesにも音質を変化させる為の機能がついています。

iPodではEQ(イコライザの略)。iTunesではイコライザと表記されています。(音響効果で言う正式名称はイコライザー)

ほとんど違いはありませんが、iTunesだけグラフィックイコライザとなっており、さらに細かい設定が可能になっています。

基本的に、ベースが強くなったり、歌がしっかり聴こえる様になったりと、音質に何らかの効果をもたらします。

こればっかりは聴く音楽のジャンルや好みによってかなり異なってしまいますので、実際に聴いてしまうのが一番です。

 

 

これから実際にイコライザーをいじってみますが、当然曲が流れていないと違いがわかりませんね。

何か好きな曲を流してみましょう。

曲が再生されたら、そのままiTunes上部の「表示→イコライザを表示」を選択します。



イコライザの画面。ちょっとかっこいい。


イコライザの上部にある「Rock」と書かれているのが現在選択されているイコライザの種類。

ここで好きなイコライザを選んでもいいし、自分でバーを動かして変更してもいいです。

おすすめはRock、Dance、Treble Boosterあたりですね。

ちょっと変えてみるだけで音の変化がわかるとおもいます。お好きなイコライザを選んでください。

ただ、iTunesで設定したイコライザはiPodに反映されません

この機能はiTunesとiPod独立しています。だから表記が違うんでしょうね。

 

 

EQも基本的にiTunesと同じです。

特定の項目から好きなものを選んで聴く形になります。

上にも書きましたが、iPodで設定しているEQがiTunesに影響をうけることはありませんので、独立していると覚えておきましょう。

また、iPodのEQは手動でイコライザを変更することはできませんので、選択肢の中から決定しなければいけません。