ペアレンタルコントロールでは、iTunes内の禁止事項を決定することができるようになります。


iTunesの多数の機能で、いくつか一般的には絶対利用しないだろという機能が存在します。

90年代ミュージックなどはその代表例になります。

このペアレンタルコントロールも、ややそっち側の機能になりますが、覚えておいて損は無いので、一度使ってみましょう。

 

 

では早速ペアレンタルコントロールを開いてみましょう。

「編集→設定→ペアレンタルコントロール」を開きます。



ペアレンタルコントロールの画面。初めて見る人も多いと思われる。


以下にそれぞれチェックを入れるとどうなるのか説明していきます。

 

・Podcastを無効にする

Podcastがソース欄に表示されなくなり、使えなくなります。ただし、以前からiPodに入っていたPodcastはそのままiPodに残ります。
ペアレンタルコントロールで無効になっていたとしても、iPodに転送済みのPodcastが削除されることはありません。
チェックを外すと元に戻ります。

・ラジオを無効にする

Podcastと同じく、ソース欄にラジオ表示がされなくなり、使えなくなります。チェックを外すと元に戻ります。

・iTunes Storeを無効にする

iTunes Store表示がされなくなり、使えなくなります。 チェックを外すと元に戻ります。

・共有されているライブラリを無効にする

同一ネットワークに存在している別のiTunesライブラリを参照できなくすることができます。
別PCを同一ネットワークに存在させ、そこからiTunesのライブラリを参照するということをしていない場合は気にしなくても大丈夫。

・ムービーを無効にする

iTunes Storeにおいて、ムービーを無効にします。チェックを外すと元に戻ります。

・テレビ番組を無効にする

iTunes Storeにおいて、TV番組を無効にします。 チェックを外すと元に戻ります。

・露骨な内容を制限する

いわゆる大人の言葉を利用しているもの、よい子には教えたくないもの等に規制がかかります。

・変更できないようにするには鍵をクリックします。

ここをクリックすることによって、変更されないようにPWでロックをかけることができます。
PWは自分で決めることができますが、忘れてしまった場合には再インストールするしかなくなります。

 

 

あまり利用しないと思いますが、一応僕の設定を紹介します。

基準はやはり自分がその機能を必要としているかどうかに尽きますので、参考程度にご覧下さい。


iTunesのラジオが嫌いな為、利用せず。Podcastも今のところあまり必要としないので利用せず。