iTunesは標準ではiPodからデータを取り出すことはできません。フリーソフト「Pod野朗」を使いましょう。


iPodは、あくまでもiTunesから曲を転送されて、それを保存している「iTunesの子」のようなものです。

iTunesが親であり、データの大元であり、iPodはiTunesへデータを移すことができません

なぜApple側でそうした機能をつけないのかという疑問がわくかもしれません。実際技術的には可能です。

おそらく曲の保護でしょう。もし可能にしてしまえば、iPodから他のiTunesへの曲データの転送、つまり他iPodへの曲の転送が可能になります。

もう著作権もくそもあったものではありません。

iPod持ってる人は多いですから。

というわけで、iTunesからiPodには転送できても、iPodからは転送ができない不便さを解消してくれるのが「Pod野朗」です。

実際に曲を吸い出してみましょう。

 

 

まずは下記からDLしましょう。
http://buin2gou.com/ipod/ipodman_down.html

このソフトのインストールは極めて簡単です。DLできたら実行して、インストールしてしまいましょう。

インストールが終わったら早速起動してみて下さい。


「iPodの状態」が「認識されています」になれば曲の吸出しが可能。

起動したら、iPodを接続します。右上の「iPod」の状態が「認識されています」になればOKです。

次に、上部「ソング」タブをクリックします。


高速でiPod内の音楽ファイルを取得する。

これがiPodに入っている曲一覧です。

取り出したい曲にチェックをいれますが、バックアップなどを取りたいときは、Ctrl+Aを押してしまうと楽です。

チェックを入れたら、右下の「取り出し」ボタンを押します。

あとは出力先フォルダをどこかに指定し、曲データを吸い出してください。

バックアップの手間を省くこともできますし、iTunesを使うパソコンを変更するときにも役に立ちます。

ただし、Pod野朗を使って著作権を侵害しないようにしましょうね。