サイト設立から数え切れないほど寄せられた質問を網羅しました!載っていない質問はここからどうぞ。

 


 どの iPod を選んでいいのかわからない。

 iPod を使う為に何を用意すればいいの?

 iPod が PC( パソコン ) に認識されない。

 曲が iPod に転送されない。

 iPod の画面がすぐに暗くなる。

 音が極端に悪い。

 音が割れてしまう。

 音が出ない。

 選択する時にカチカチ音がなる。

 iPod の時計がくるっている。

 日本語以外で表示されてしまう。

 アートワークが表示されない。

 iPod のアップデート(更新)ができない。

 歌詞が表示されない。

 シャッフルやリピートができない。

 On-The-Go って何?

 コンピレーションって何?

 バッテリーの持ちが悪すぎる。

 何をやっても iPod が反応しない。

 HD として使う場合はどうしたらいいの?

 iPod の画面が暗すぎる。 iPod の画面が明るすぎる。

 音量が大きすぎる。

 音量を変更できないようにしたい。

 メインメニューをカスタマイズしたい。

 動画が再生できない。

 動画の音声だけが聴こえない。

 

 


 

どの iPod を選んでいいのかわからない。

iPodの選び方は人それぞれの目的によって変わってきますので、一概にどれがいいとは言えません。 しかし、大は小を兼ねるのはiPodも同じです。

現時点ではそれほど容量が必要ないとしても、動画を管理したり、PodcastやHDDとしての利用等も考えると、迷ったときには大容量を買っておいたほうが間違いありません。

参考:http://mallony.oops.jp/html/chooseipod.htm

 


 

iPod を使う為に何を用意すればいいの?

iPodを利用するためにはパソコンが必要です。

iTunesというソフトを使ってiPodを管理しますので、iTunesがインストールできるパソコンを用意する必要があります。

iTunesはAppleのHPから無料でダウンロードすることができますが、Ver7.5からWindowsXP、Vistaのみしか対応していません。

Windows2000の場合は、旧バージョンのiTunesを用意し、アップデートすることなくiTunesを利用する方法をとります。

参考:http://mallony.oops.jp/html/needuseipod.htm

 


 

iPod が PC( パソコン ) に認識されない。

iPodに限った問題ではありませんが、パソコンを利用していて何か問題が発生した場合、どこに原因があるのかをはっきりと確認することがもっとも有効な改善策となります。

iPodが認識されない場合考えられる原因は、ケーブル、iPod本体、パソコンの3つに大別されます。

原因をすぐに特定するために、別のiTunesに接続してみるのが一番です。

家に複数のiTunesがあればそれを一時的に使用するといいでしょうし、最近はネット喫茶などもたくさんありますので、そういったところのPCを利用してもいいかもしれません。

同じiPod、同じケーブルを利用し、別のPCにインストールされたiTunesで認識されるようであれば、少なくともiPod本体とケーブルの問題ではないということがはっきりします。

逆に、別のPCでも認識されないようであれば原因はiPod本体かケーブルです。iPodのリセットを行い、ケーブルの交換をするといいでしょう。

 


 

曲が iPod に転送されない。

iPodはiTunesのデータを入れる「入れ物」に過ぎません。当然、iTunesにデータが保存されていない場合は転送されません。まずはiTunesにデータが保存されているかどうか確認しましょう。

また、iTunesがiPodを認識していないと転送はされません。正常に認識されていると、iTunes左側のソース欄に「○○のiPod」という表示がされます。(これは好きなものを指定できるので、別の表示がされている場合もあります。)

認識されている状態で転送されないのであれば、転送方法が手動更新になっている可能性があります。手動更新でも転送することは可能ですが、面倒であれば自動更新に切り替えましょう。

参考:http://mallony.oops.jp/html/howtorenew.htm

 


 

iPod の画面がすぐに暗くなる。

iPodには携帯電話と同じように、バックライト機能があります。iPodをしばらく使用していないと、バックライトが消え、ディスプレイが暗くなります。

これは故障ではなく、無駄な電力消耗を防ぐ為の機能です。

iPodメイン画面の「設定」→「バックライト」から設定を変更することが可能です。

常にONにすると、曲の再生中であったとしてもバックライトが常にONになります。

また、動画再生時などにはバックライトの設定に関わらず常にONとなります。

 


 

 

音が極端に悪い。

再生の音が悪い場合には以下の点が考えられます。

@インポート設定が高圧縮になっており、もともとの音質が悪い。

A何らかの影響で転送がうまくいっていない。

BiPodの記憶領域に問題が生じている。

 

@の場合、iTunesのインポート設定を変更し、高音質のインポート形式に変換することで改善します。

参考:http://mallony.oops.jp/html/itunessetup.htm

 

Aの場合は、再転送することで改善します。念の為、iPodの復元をかけてから再転送するといいでしょう。

参考:http://mallony.oops.jp/html/reset.htm

 

Bの場合は、iPod本体の故障である可能性が高いです。@Aで改善しない場合は、Appleに相談するか、Apple Storeに持ち込まないと改善しないケースが多いようです。

 

 


 

音が割れてしまう。

「音が極端に悪い」での原因とほぼ同じです。

上を検討してみてください。

 


 

 

音が出ない。

iPod本体にはスピーカーは付いていませんので、iPodにはポータブルスピーカーかイヤホン、ヘッドホン等の再生装置が必要になります。

例外として、クリッカー音などはiPod本体から再生されます。

 


 

 

選択する時にカチカチ音がなる。

これは故障ではありません。iPod本体の操作時になる音で、クリッカーと言います。

必要ない場合はiPodメイン画面の「設定」→「クリック音」で有無を設定することができます。

 


 

 

iPod の時計がくるっている。

iPodの時計は、本来自動調整されていますので、狂うことはありません。ただし、何らかの不具合でそれらが狂ってしまった場合、手動で設定しなおすことができます。

iPodメイン画面から「設定」→「日付と時刻」を選択し、「日付」「時刻」欄で手動で時間を設定することができます。

また、「時間帯」で地域ごとの標準時間を選択することで日時を自動設定することもできます。日本の場合、大阪と東京を選択できます。デフォルトは大阪になっていると思います。

同時に、時間表示の設定や時計表示の有無もこの画面から行います。

アラームはここで指定した時間で動作しますので、時間がずれている場合は修正しましょう。

 


 

 

日本語以外で表示されてしまう。

iPodは購入後一番最初に電源を入れた時点で、言語の設定画面になります。言語の設定で日本語にしなかった場合、英語になってしまったり中国語になってしまったりします。

英語であれば感覚でなんとかなりますが、韓国語などになってしまったりすると手が出せません。

しかし、言語に問わず配列は同じになっていますので、これらの順番を覚えてしまえば問題ありません。

iPodメイン画面の下から二番目が「設定」です。まず設定を選択します。

次の画面は、下から三番目が「言語」です。

言語の選択までいけば「日本語」という文字がありますので、それを選択すれば直ります。

 


 

 

アートワークが表示されない。

アートワークが表示されない場合には以下の点が原因として考えられます。

@iPodにiTunesのアートワークが転送されていない。

AiTunesにアートワークを設定していない。

 

@の場合、iPodが手動更新になっているケースがあります。自動更新の場合も、一度iPodを復元して再転送すれば改善する場合があります。

Aの場合は、アートワークを設定する必要があります。

参考:http://mallony.oops.jp/html/artwork.htm

 


 

 

iPod のアップデート(更新)ができない。

iPodの更新は、iTunesにiPodを接続し認識させる必要があります。

したがって、iPodの更新は最新のiTunesに接続して行う必要があります。

iPodのアップデートを行う場合は、iTunesを最新バージョンに更新し、その後にiPodを接続する必要があります。

参考:http://mallony.oops.jp/html/update.htm

 


 

 

歌詞が表示されない。

歌詞はアートワークとは違い、通常再生時には表示されません。

曲の再生画面で、中央の決定ボタンを5回押すと歌詞の表示画面になります。

5回押しても表示されない場合は、歌詞が登録されていません。

iTunesで歌詞を管理しているかどうか確認してみましょう。

参考:http://mallony.oops.jp/html/kasitouroku.htm

 


 

 

シャッフルやリピートができない。

iPodメイン画面の一番下に「曲をシャッフル」という項目があります。

これは全ライブラリから曲をシャッフルして再生するタイプになります。

もしプレイリストやライブラリ単位でシャッフルしたい場合はiPod設定画面から行います。

設定画面のシャッフルは曲とアルバムから選択することが可能です。

リピートも原則として設定画面から行います。

ただし、iPodの最新パッチが当たっていれば、曲を再生中に決定ボタンを3回押すことでシャッフルを選択することができます。

 


 

 

On-The-Go って何?

On-The-GoリストとはiPodで管理できるプレイリストのことです。

iTunesで作成したプレイリストやスマートプレイリストと違い、On-The-GoリストはiPodからiTunesへ転送することができる、数少ないデータです。

プレイリストへの追加は曲名を決定ボタン長押しすることで追加することができ、iPodのOn-The-Goを選択することでOn-The-Goリストとして保存することが可能です。

曲を再生中に気に入った曲があったら、一度曲名が連なっている画面に戻り、決定ボタンを長押ししましょう。

 


 

 

コンピレーションって何?

CDには、特定のアーティストの曲だけが収められているわけではなく、複数のアーティストが一枚のCDとしてアルバムを出している場合があります。

そうしたアルバムをインポートした場合、コンピレーションアルバムとしてまとめて表示することが可能です。

 


 

 

バッテリーの持ちが悪すぎる。

バッテリーの持ちは、当然使用年数に依存します。

この場合の使用年数というのは、「何回充電したか」というのが重要で、フル充電回数がそのままバッテリーの寿命につながるということになります。

ですので、少しずつこまめに充電するよりは、完全に使い切ってフル充電というパターンを繰り返したほうが寿命は長くなります。

また、他の電化製品と同じように、低温状態ではバッテリーが有効に活用されません。可能な限り、室温に近い環境で利用したほうがいいでしょう。

 


 

 

何をやっても iPod が反応しない。

iPodが反応しない場合、以下の手順で確認してください。

@iPodのホールドがONになっていないかどうか確認する。

→iPodのホールドが有効になっていると、あらゆる操作を受け付けません。

 

AiTunesに接続し、iPodが認識されるかどうか確認する。

→iPodが認識されるようであれば、一度復元してみましょう。

 認識されないようであれば、そのまま2時間程放置しておいてください。

 

B上記で改善がない場合、一度別のPCに接続してみる。

→iTunesがインストールされている、別のPC(友人のPCや自宅の別PC、ネットカフェ等で)に接続し、反応があるかどうか確認します。

 

Cそれでも改善がない。

→iPod本体の故障です。Appleに問い合わせてください。

 


 

 

HD として使う場合はどうしたらいいの?

iTunesにiPodを認識させ、「ディスクとして使用する」にチェックを入れることで可能になります。チェックを入れた後に、一度iTunesライブラリの表示等の作業を行うと、iPodの更新を有効にするかどうかの確認画面が表示されますので、それを有効にします。

 


 

 

iPod の画面が暗すぎる。 iPod の画面が明るすぎる。

iPodメイン画面メニューから設定を選択し、画面の明るさをクリックすることで変更することが可能です。

ここで0にしたとしても画面が真っ暗になることはありませんし、100にしても真っ白にはなりません。

 


 

 

音量が大きすぎる。

音量制限を有効にすることで、iPodの最大音量を変更することができます。最大音量を下げることで、相対的な音量は比例して低下します。

音量制限に関しては下記を参照下さい。

http://mallony.oops.jp/html/onnryouseigen.htm

 


 

 

 

音量を変更できないようにしたい。

iPodの再生中に、ホールドを有効にすることによって、音量の変更、曲の早送りなどが誤操作で行われることを防ぐことができます。

同時に、ホールドすることで選曲や歌詞表示等の操作もできなくなります。その場合は、一度ホールドを解除して変更しましょう。

 


 

 

メインメニューをカスタマイズしたい。

iPodのメインメニューは表示項目を変更することが可能です。

iPodメインメニュー→設定→メインメニューを選択し、表示したい項目にチェックを入れることで表示されるようになります。

 


 

 

動画が再生できない。

iPodに動画が転送されている状態でうまく表示されない場合は、転送がうまくいっていないケースが考えられます。再度iTunesから動画を転送しなおしてみましょう。

動画そのものが転送されない場合は、動画の形式がiPodに対応していない可能性があります。下記リンクを参照し、動画をiPod用に変換してみましょう。

http://mallony.oops.jp/html/movie.htm

 


 

 

動画の音声だけが聴こえない。

動画のエンコード中、音声結合がうまくいっていないか、あるいは音声が選択されていない可能性があります。

利用しているソフトによって設定が異なりますので一概には言えませんが、ほとんどの場合、再度エンコードしなおすことで改善します。