iPodはiTunes以外のソフトでも使えます。フリーソフトReal PlayerでiPodを使ってみましょう。


iPodは基本的にiTunesとの接続がベースとして作られています。

インストールの時に表示される、「iPodと一緒になる為に生まれた」という名言は伊達ではありません。

そのiTunesは、Windows2000/XP/Vistaでしか使えないので、Win2000に満たないOSをお持ちの方は無念かと思います。

しかし、所詮iPodはUSB HDDなので、当然USBポートさえあれば別のソフトで利用可能です。

なるべく無料で攻めたいところですので、ここではフリーソフト Real PlayerでiPodを使ってみましょう。

 

 

Real Playerは動画・音楽再生ソフトの一つで、かなり有名ですのですでにインストールされている方がいるかもしれません。

Real PlayerのDLはこちらから。http://www.jp.real.com/realplayer.html?&src=ZG.jp.idx,ZG.jp.rp.rp.hd.def

無償版と書かれているところからDLしないとお金がかかってしまいます。

僕のポリシーを守るためにもぜひ無償版からDLして下さい。


約束は守ってね。


ダウンロードが終わったら、次へ次へとインストールを終わらせてください。

インストールが終わったら、さっそくReal Playerを起動しましょう。

ただし、この時まだiPodはつながないで下さい。


Real Playerです。「史上最強のエロカワ!」は別に狙ってないです。偶然です。


次に、上部の 「書き込み/転送」をクリックします。

その後、iPodを接続してみましょう。



iPod接続前。



iPodが認識されたらこんなのが出ます。



当然iPodを選択しましょう。


ここで重要なのは、 iPodを接続し、認識された後にiPodを選択するということです。

ここまでできれば、後は隣にある「ミュージック/マイ ライブラリ」に音楽を貯めていって、iTunesと同じように使うだけです。

うまく認識されない方は、「ツール→新規デバイスを追加」からiPodのドライバを再インストールしてみましょう。