iTunesのプレイリストとスマートプレイリストを使ってみましょう。特にプレイリストは重要です。


iTunesを長い間使っていると、ライブラリが膨大になってきます。

いくらブラウズが付いているといっても、自分の好きな曲は特定のアーティストじゃ収まらないし、探すのが面倒という方はいるでしょう。

それを解消するために用意されているのがプレイリストです。

プレイリストは、ライブラリの曲へのショートカット群だと思って頂けると結構です。

プレイリストに好きな曲を固めておいて、プレイリストから好きな曲だけを聴くことが可能になります。

プレイリスト自体は曲データをもちませんので、iTunesが重たくなることもありません。

スマートプレイリストはその名の通り、賢いプレイリストです。

条件にしたがって勝手にプレイリストを作ってくれます。

 

 

プレイリストの作り方は簡単です。

iTunesの「ファイル→新規プレイリスト」で終わりです。後は名前を決めるだけになります。



名前は本当に何でもいい。


名前をつけたら、ライブラリから好きな曲をドラッグ&ドロップしていきます。



プレイリストに曲がたまっていくの図。


こうして、プレイリストから再生が可能になります。

このプレイリストからCDを作ることも可能です。容量が700MB以下であれば。

ちなみに、ブラウズのアーティスト名をそのままD&Dすると、そのアーティストの曲が全部プレイリストに入ります

同様に、アルバム名をD&Dしても、そのアルバムの曲が全部プレイリストに入ります

 

 

スマートプレイリストは賢いプレイリストです。そればっかだけど。

自動的にある条件を満たした曲のみをプレイリストに集めてくれます

実際に使ってみましょう。

やはり「ファイル→新規スマートプレイリスト」を開きます。



ありがちな検索画面だけど、意外と使えるスマートプレイリスト。


今回は「名前にloveが含まれる曲をアーティスト順で25曲ランダムサンプリングにて」並べてもらいましょうか。

結婚式とかに使えるかもしれないし。でも卒論の演題みたいですね。



ずばり「名前にloveが含まれる曲をアーティスト順で25曲ランダムサンプリングにて」の図



なんて頭がいいんでしょう。 結婚式にもっていきたいわ。


なんとなくわかってもらえたと思います。

自動で探して欲しいときはスマートプレイリスト、自分で作りたいときはプレイリストですね。

プレイリストでできるCD作成や、アーティストから直接D&Dする方法はもちろんスマートプレイリストでも可能です。