自動更新も便利ですが、手動更新には様々なメリットがあります。手動更新を使ってみましょう。


iPodの更新方法には、自動更新と手動更新があります。

自動更新とは、iPodの状態を常にiTunesと同じ状態にする更新方法のことです。

iPodはiTunesを映す鏡となり、iTunesの内容がほぼ全てそのままiPodに転送されます。

更新はiPodをPCに接続すると自動的に始まり、更新が完了すると自動的に通常のiTunes画面へ移行します。

一方、手動更新は転送を手動でかける更新方法のことです。

iPodを接続しても充電が始まるだけで、iTunesと同期を取ることはありません。

 

 

手動更新では、iTunesとiPodが鏡である必要はありません。

iPodは自由です。勝手にiTunesと一緒にされたんじゃたまりません。

裏を返せば、iTunesにライブラリを保存しなくてもいいということになります。

とりあえずiTunesに入れて、iPodに転送したら即削除なんてことも可能なんですね。

また、自動更新の場合、常にiTunesと同期を取りますので、データが消えてしまっているiTunesにつないだらアウトです。全部消えます。

どれだけインポートに時間がかかっていたとしても、全て水泡に帰します。

いやらしいほど高速でiPodから空になってしまいます。



iPodを接続したときに「手動で管理する」にチェックを入れれば手動更新になる

 

 

まず、自動更新のiTunesを確認してみましょう。

下の画像は自動更新のiTunesです。

ライブラリからiPodにドラッグしても駐車禁止みたいなマークが出て転送できません。


悪名高い自動更新



駐車禁止の為、転送不可


次に手動更新にしてみます。

音楽とビデオを手動で管理する」にチェックを入れます。

すると「更新しますか」と出てきますので、はいを選択します。



基本的にこういう確認は要らない。


上に同じ。



手動更新にすると駐車してもいいようです。


手動更新ではこのように転送ができています。

これが自動更新と手動更新の違いです。

Appleは自動更新こそiPodの本領を発揮できる更新方法だとしているようです。

しかし、iTunesは勝手にデータが消えないというほど信用できるソフトではありません。

なにしろ気まぐれな機械に入っているのですから。

僕はどちらかというと手動更新のほうが好きですね。

皆さんもいろいろ使ってみて下さい。